管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

マッチポンプ的「自分お疲れさま会」は、40年ぶりの銭湯で

昨日は、TOEICの受験日でした。

申し込んだ動機は「ただなんとなく」だったけど・・

▷ 15年ぶりにTOEICー本当にやりたいことは「なんとなく」の中に

 

勉強を始めてみたら、過去問を間違えまくりで大騒ぎ。

▷ 「しまった!甘かった!」が連鎖、人生そのものが不安に

▷ お金をかけてるものを見れば、自分の不安が見えてくるーマークシート専用筆記具を買った

そんなドタバタも、昨日で終わりです。

 

私が割り当てられたのは、大規模会場でした。

大勢が、同じ目的のために集まった「場のパワー」って、すごいですね。

特に、試験開始直前は、何百人もいるというのに、水を打ったような静けさで。

おお、みんなの精神力が集結して磁場になってそう。

このまま発電とかできそう、って思った。

 

よし、私もこのエネルギーを頂いて、TOEICに立ち向かうよ!

みんな、いっしょに頑張りましょう!!

・・・と臨んだものの、試験後はしょんぼりでした。

 

リスニングの最初は緊張し過ぎて聴き取れなかったし、

全部のひっかけ問題に、すべてまんまと引っかかった気がするよ・・・。

 

しかし、それもこれも済んだことですね。

いまさらクヨクヨしても仕方ない。

この数週間、勉強頑張った自分を労うため、「一人お疲れさま会」をしよう。

 

で、もともとは、翌日(つまり今日)、スパ施設で、一日ダラダラするつもりでした。

だけど会場からの帰り道、どうしても、試験当日のうちに疲れを癒したくなった

 

だけど、もう遅い時間だしなぁ(午後受験でした)。

今から電車を乗り継いで、スパに行くのもなぁ。

と迷っていたところ、ふと、「そうだ、近所の銭湯はどうかしら?」と思い付いた。

 

近所の銭湯なんて、最後に行ったのはいつだったか、思い出せません。

おそらく小学校高学年かなぁ。

もし銭湯に行ったら、40年以上ぶりね。

 

そういや、最近、「40年ぶりの〇〇」が私の中でブーム。

▷ 東京「キモ」散歩ー親に止められた冒険を、40年後にリベンジ!

▷ 恋のお相手がいないオバサンのトランプ占いで「分かったこと」とは

 

なんだかちょっと緊張するけど、「40年ぶりの銭湯」もいいかも!

TOEICからの解放感、そのままの勢いで、近所の銭湯へGO!

(今は、実家から、徒歩20分ぶんくらい移動した場所に住んでるので、

昔通った銭湯、とかではないです)。

 

果たして、ご近所の銭湯は・・・銭湯そのものでした。

何を言ってるかというと、暖簾の向こうに、

40年前の銭湯の記憶、そのままの光景が広がっていたんです。

 

湯気の向こうに富士山の銭湯画。

熱いお湯と水が別々に出てくる蛇口の前で、

疲れてるんだけど、なんだか色気のあるお姐さんが、髪を洗ってる。

そして、ケロリンの桶が床にぶつかる音が、高い天井にこだましてました。



あらー、いいじゃない、銭湯。

タオルもシャンプーも持参しなきゃだけど、

ドライヤーも1個しかないけど、

お湯は熱すぎて、3分しか浸かっていられないけど、

ジャグジーは水圧すご過ぎて、体が前に押し出されちゃうけど、

 

素敵なスパには無い、心を癒す何かが、ここにはある。

それは多分、ノスタルジー、ですね。

 

なんだか懐かしいなぁと、お風呂から上がり、鏡を見ると、

そこには疲れた50女が、すっぴんの濡髪で立っていました(私です)。

ひどい姿だったけれど、銭湯の脱衣場の風景に、不思議とよく似合ってました。

 

がっかりするどころか、なんだか、粋な大人の女性になった気分でした。

あったまった身体を夜風で冷やしながら、サンダルをつっかけて、上機嫌で帰った。

TOEICの疲れも、すっかり癒えました。

これで月でも見えたら最高だったんだけどね、

残念ながら、昨晩の東京は曇りでした。

 

・・・それにしても。

趣味で受けたTOEICで勝手にテンパって、

それが終わったからって、「イェーイ!」と、お疲れさま会をやるなんて、

我ながら、とんだ「マッチポンプ」ですね。(笑)。

 

思い返してみれば、

退職前の「一人お疲れ様会」は、もっと深刻な危機を乗り越えた後だったね・・・。

いちばん大きい協業相手と、決裂寸前だったんだもん。

お酒飲めない+スイーツ食べない、けど一人お疲れ様会やりたい

 

あれに比べたら、なんと平和な・・・。

今回は、銭湯でほっこりしてるくらいで、ちょうど良かったね。

 

せっかくセミリタイアしたのに、自ら緊張と脱力を作り出すなんて、

人間は、刺激を求める生き物なのかもしれません。

 

● 協業決裂危機を乗り切った時の自分へのご褒美は、しゃぶしゃぶでした ●

yamekanri.com

 

クリック励みになります!お手数をおかけします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村