管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

15年ぶりにTOEICー本当にやりたいことは「なんとなく」の中に

15年ぶりに、TOEICに申し込みました。

理由は、再就職活動を始めたから、ではなく、

ボケ防止のため、でもなく・・・ただ、「なんとなく、受けてみたいから」。

 

「なーんだ、それだけかいな」って感じなんですけど・・・

・・・本当にやりたいことって、「なんとなく」の中にある気がする。

 

「なんとなく、東北へ旅行してみたくなった」とか

「なんとなく、陶芸を習ってみたくなった」とかって、

衝動としては、さりげないものだけど、

誰かからの指示や、義務感じゃないのに、そうしたいのは、それが本当の欲求だから

じゃないかな?

 

 

「本当にやりたいこと」は立派なことだけじゃない

TOEICに申し込んだのは、再就職を焦ったからじゃないんです(今はまだ)。

ある日「今勉強して、TOEICを受けたら、何点くらい取れるのかなぁ?」と、興味がわいた。

そして、何のプレッシャーもないのに、勉強したいだなんて、それが本当に好きだからかも?、と思ったんです。

 

TOEICくらいで「本当の欲求」やら「本当にやりたいこと」だなんて、大げさですよね、すみません。

だけど最近、「本当にやりたいこと」って、立派でかっこいいことに限らない、

と思うようになりました。

 

「本当にやりたいこと」っていうワードは、退職前の記事に、何度か登場します。

▷ 本当にやりたいことが見つからないから、退職に踏み切れない

とか

▷ 本当にやりたいことがなくても、セミリタイアしたっていいじゃん

とか。

 

この記事を書いてた頃、「本当にやりたいこと」イコール、人様から見て立派なこと、

だと、思い込んでいたかも。

例えば、無報酬でもやりたい仕事、とか、人前で披露できるくらい極めた趣味、とか、

そういう、かっこいいものをイメージしてた。

「本当に」っていう強調語のせいかもなぁ。

 

「本当にやりたいこと」は、セミリタイアしなくても可能

セミリタイアしたら、たくさん時間ができて、いろんな義務からも解放されました。

毎日、気の向くままに過ごすうちに、

「義務や、強制でない行動は、すべて、『本当にやりたいこと』だ」

って思うようになりました。

 

「なんとなく」行きたい、「なんとなく」観てみたい、

そういう欲求を軽く見ずに、できる範囲で叶えていく。

小さな「やりたいこと」を重ねていけば、人生の満足度が高くなりそう

 

・・・・あ、まただ。

小さな「やりたいことを叶える」って、セミリタイアしなくてもできますね!

この前、金沢文庫で思ったことと同じ。

▷ 会社員時代にやっておけばよかったことを、金沢文庫で思い出した

働いてたときは、心にゆとりがなくて気づかなかったけど、

なるべく有給とって、「なんとなく」やりたいことを、ちょこちょこ叶えておけばよかったわ。

 

「本当にやりたいこと」は、ビッグな夢であるはず!と決めつけたから、

かえって幸せを逃してたのかもなー。

 

外資系で働いてたけど、英語力はそこそこです

そうそう、外資系で転職してきたのに、15年もTOEICを受けてなかった理由は、

特に必要じゃなかったからです。

 

職務経歴書やCV(最近レジュメって言わずにCVって言いません?流行?)では、

ずっと古いスコアを使ってました。

(2007)と受験年を書いてたけど、「古すぎる」と指摘されたことはなかったです。

 

転職エージェントがそもそも外人だったし、本国と英語の面接があったり、で、

TOEICがなくても、英語力が採用側に伝わるからかな。

日系から初めて外資に応募するような場合には、新しいスコアがあった方がいいと思います。

 

偉そうに書いてますけど、私の英語力は中途半端です。

今回のスコアも、きっとそこそこだろうな。

 

この記事に書いた通り、ペラペラじゃなくても、外資で十分やっていけます。

▷ 外資系社員の英語力ってどれくらい?ーペラペラの日本人の方が少数!?

 

大切なのは、本業の力、そして、外人たちが、バーって畳みかけてきても、

"Let me finish!(最後まで言わせて!)”って叫ぶ度胸です。


・・・というわけで。

今のところ毎日、TOEICの勉強が続いてます。

転職のプレッシャーがないから、勉強がゲーム感覚で楽しいわ。

今のところは。

いつ飽きるか分からないので、ここに受験を公表して、自分を追い込みます!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村