管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

FIRE、セミリタイアに大切な「無駄なお金」の計算ー「無駄」が人生を救う

学生時代からの友達(穏やかちゃん)とランチの約束を話していた時のこと。

彼女からのLINEに「ジャスミンはリタイアするから、こういう食事には誘えなくなるのかな?」と書いてありました。

「こういう食事」とは、ランチの予算が一人5千円くらいの食事のことです。

 

「いやいや。

それくらいは大丈夫なようにリタイア計画立ててるから。

これからも遠慮なく誘って」と慌てて否定しました。

 

5千円のランチは確かに高いけど、たまにだったら大丈夫。

会社の人にも「退職後は(経済的に)大変ですね」と声をかけられたこともあります。

セミリタイアには「生活切り詰める。我慢を強いられる」というイメージがつきまとうのかな。

 

私の資産額は中途半端だから、みんなの想像どおり、退職後に贅沢はできません。

それでも、趣味や交際費、旅行にはこれまで通りお金を使えるよう、資金計画を立てています。

いま趣味に使っているお金も、できるだけ減らさないつもり。

映画を見たり、本を買ったり、習い事をしたり、Spotifyのサブスクなんかですね。

 

娯楽への支出は、ぶっちゃけ「無駄なお金」です。

家計改善のためにはまっ先に見直すべき項目でしょう。

映画や本が無くても、生きていくことはできますから。

・・・だけどそれって本当かな?

趣味や娯楽が無くても、生きていけるだろうか?

 

 

友達も同じです。

以前「食費がこれ以上節約できないのは友達のせい」なんて記事を書きましたけど、

友達と会って話すことには、私にとって食事代金以上の価値があります。

 

振り返ってみれば、小説、映画、音楽、そして友達に救われた経験は数えきれません。

これらがなければ、私はとっくに絶望して死んでいたと思う。

生きるのに必要なのは、食費、光熱費、住居費だけではないんです。

娯楽費や交際費も、生きるのに必要なお金だと思うのです。

 

もちろん、本物の無駄はカットします。

価値のないサブスクは解約、見栄やしがらみだけの会食は断る。

だけど、自分の人生を豊かにしてる「無駄」は削っちゃだめだと思う。

 

ここは人によって個人差が大きそうですね。

推し活が生きがい、という人もいれば、れんげ荘物語のキョウコさんのように、淡々と生きて、娯楽に一銭もかからない人もいますもんね。

FIRE計画や老後のお金のことを考える時、自分の「無駄な支出」と向き合うことが大切だな、って思いました。

 

私は、今の仕事がとっても嫌で、お給料は要らないから辞めさせてくれ、という心境です。

そんな疲弊した私でも、映画のためなら、辛いバイトでも働くつもりです。

 

というわけで、穏やかちゃんとのランチが楽しみ。

前回は「老後のお金は何歳まで自分で管理できるかな?」と話し合いました。

老後のお金、何歳まで自分で管理できるか問題ー80代で金融サービスが使えるのか? - 管理職辞めたいです日記

次はどんな話題で盛り上がるのかなー?

 

●関連記事ーFIRE・セミリタイアには「逃げる力」も大切!●

yamekanri.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村