管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

人に任せるのが下手な上司と、絶対に出世したくない部下ー「管理職」という存在は限界?

もうすぐ退職するので、少しずつ引き継ぎを始めています。

後任はまだ来ないので、引き継ぐ相手は今の部下さんたち。

「部長の仕事なんてやりたくありません!僕たちそんなお給料もらってません!」

・・と拒否されるかと思いきや・・

みんな快く引き受けてくれて本当に感謝です。

 

しかも、ただ一時的に引き受けるだけでなく、良いアイディアまで出してくれる。

私なんかよりずっと上手に、この職務をやれそう。

もっと早く、みんなにお願いすればよかった。

 

私は昔から、人に頼むことが苦手です。

断られたら傷つく、とか、自分でやった方が早い、と言い訳して、自分で抱えてしまう

自分でやった方が早い病 (星海社 e-SHINSHO)っていう本を読んでみたこともあったけど・・・

 

「プレイングマネージャー」と言えば聞こえはいい。

だけど、どこかで人を信じてなかったから、任せられなかったのかも知れません。

管理職人生の最後に、こんなことに気づくなんて・・。

部下を信じてない上司なんてサイテーだよね、自己嫌悪。

 

もっとチームを信じていれば・・・。

もっとみんなに任せていれば、「管理職辞めたい!」なんて思わなかったのかもな。

人に任せられないことを含めて、私は管理職として実力不足でした。

 

一つだけ言い訳させていただけば、

小さな会社では管理職もバリバリ手を動かせないと回らないし、

そういう管理職人材が求められてるってことはあると思います。

 

さて、そんな素敵な部下さん達の中でも、とりわけ人望が厚い人がいます。

上司も、本社の役員も、そして私自身も、「後任にはぜひ彼女を!」と熱望したのですが・・。

ご本人から「管理職になるのは絶対イヤ!出世なんてしたくありません」と辞退されてしまった。

 

私や、彼女の前職の上司たちを見ていて、こう感じるそうです。

  • 役職が上がるほど、本業以外の仕事が増え、専門性から遠ざかる
  • 本業のスキルがあっても、ピープルマネジメントのスキルがあるとは限らない

 

 

さすが、ご推察の通りです。

管理職を辞めたい私は、これに反論する言葉を持ちません。

年収が一気にアップするよ」とか、

「ジョブサイズが大きくなればやりがいもあるよ」とか、

管理職になるメリットを伝えたけど、「今のままで十分幸せです」と言われてしまった。

 

というわけで、内部人材のプロモーションは諦め、外部から後任を採用することになったんです。

 

それにしても・・

「とにかく管理職を辞めたい!」という私のような人、

「管理職なんてやりたくない」彼女のような人、

そんな人ばかりになったら、今みたいな組織はどうなるんでしょうね?

 

世界の優秀な、組織デザイン研究者のみなさん、ぜひ新しい形態を考えてください。

管理職の抱えるジレンマは、かなり限界に来てる気がします。

 

yamekanri.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村