管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

セミリタイアについて聞かれるとつい卑屈なことを言ってしまうーなかなか消えない退職の罪悪感

日曜日ですね。

今のところ緊急の仕事メールは来ておらず、今週末は普通に休めそうです。

会社のiPhoneを貸与されるようになって以降、急ぎの仕事で潰れた休みは数知れず・・。

会社を辞めたらこの穏やかな日が日常になるんだなぁ。

ああ、退職日が待ちどおしい・・。

 

しかし会社の人にそんなこと言えません。

セミリタイアの理由を聞かれると「実力不足のせいで辞めることにしまして・・ご迷惑をおかけします」とか、卑屈な感じで答えてしまう。

実力不足は本当だけど。

ただ爽やかに「ちょっとのんびりしたくて」と言えばいいのかもしれない。

しかしそれすら「お気楽でいいわね」と相手が気分を害すのでは?と思っちゃう。

考え過ぎですかね・・。

 

今後もここで頑張っていこうとしてる人たちに、「私はこの会社もう無理です」というメッセージを伝えたくない。

それで「この仕事は素晴らしいです。問題があるのは私の方」という言い方をしてしまう。

これまでずっと「もっと良いところ見つけたので転職しまーす!」ってやってきたのに、なんで今回だけこんなに気に病むのか?

 

いったん解決したものの、炎上案件を残していくことがまだ後ろめたいのかなぁ。

この記事で消したつもりだったけど、罪悪感って奴はしぶといぜ。

yamekanri.com

f:id:tajaaan:20220327095854j:plain

 

本音では、「この社会システムからそのもの下りたい」と思ってるんだけど、そんなアナーキーなことも言えないし。

そうか、辞めた後にフルタイムで働かないかつもりだから、卑屈になっちゃってるのかもしれない。

起業とか、世界一周とか、そういう前向きなリタイア理由があったらよかったのになー。

 

定年までまだ何年もあるとはいえ、私はすでに50代。

たいして「アーリー」でも「早期」でもない。

それなのに、定年前のリタイアという、ほんのちょっと人と違うことをするには勇気が要るものですねぇ。

 

やっぱりこの場合、「嘘も方便」でいこうかな。

自分が自分の本心を知っていればいいんだし。

ブログの世界にはセミリタイアの先輩、理解者がたくさんいるし。

 

いまもう一回会社のメールみたら、同僚からメール来てました・・。

うーん、これはもう明日でいいかな。

会社の携帯は家に置いて、お散歩で近所の桜を楽しみます。

 

●セミリタイアに対する反応。「いいですね。でも自分には無理」という方も多い●

「100歳まで生きたら?」に対する私なりの答えー人生100年時代にセミリタイアする覚悟 - 管理職辞めたいです日記

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村