管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

コンビニ証明写真がすごーく便利ー無職の罪悪感はこうすれば薄れる

久しぶりに受ける、TOEIC。

受験当日の持ち物をチェックしたら、6ヶ月以内に撮影した証明写真、とありました。

▷ 15年ぶりにTOEICー本当にやりたいことは「なんとなく」の中に

 

証明写真かぁ。

今は無職だけど、再就職活動する時にも、必要になるんだろうなぁ。

前に転職した時の写真を使い回そうかとも思ったんだけど、

なんか、今と印象が違う・・・。

時の流れは残酷ね。

っていうか、そもそも「6ヶ月以内に撮影したもの」っていうルールでしたね。

 

仕事にも使うとなると、きちんとした格好で写真をとらなきゃ。

でも、お化粧して、リクルート服で、撮影に行くのは気が重いなぁ。

TOEICは秋なので、涼しくなってから撮ればいいんだけど、

そろそろ、単発のバイトをやってみたい、と思ったり思わなかったり。

 

急に応募したくなった時のために、証明写真を準備しておきたい。

とはいえ、この暑さでは、証明写真機にたどり着く前に、化粧が汗で溶解します

 

そこで、元部下が以前「超絶便利」と言っていた、コンビニ証明写真を試したら、

本当に便利で感動しましたーー!

 

利用したのはこちらの、「ピクチャン」です。

pic-chan.net

 

自分のスマホで撮影した写真をアップロードして、コンビニで写真紙に印刷できます。

よかった点は、こんな感じです。

  • 安い。TOEICや履歴書用の4cm×3cmだと、3枚分で1シート200円。
  • 自宅で撮影できる。涼しい室内で、化粧崩れなし。私は、上はジャケット、下はユニクロのリラコで撮影(笑)。
  • 他人が気にならない。街中の写真ブースだと、外の人が気になって落ち着かないよね。
  • 何度でも撮り直せる。ピクチャンのサイトにアップロードして、フレームにはめた後でも、やり直し可能。コンビニで印刷するまでは、お金はかかりません。
  • アプリ不要
  • 会員登録、メアドなど個人情報不要
  • 近くのコンビニで印刷できるから、早朝でも深夜でもOK

 

この見本はピクチャンのHPからお借りしました。

私の古いiPhoneでも、街中の写真機と遜色ないような証明写真が作成できた。

いや、証明写真機より、自然な表情で撮れたかも。

https://pic-chan.net/c/images/common/ph_sample_summer.jpg

 

便利な世の中ねぇ。

さて、証明写真も準備できたし、そろそろ単発バイトを探す・・・かどうかは、また別の話。

 

無職になって、ひと月半。

単発バイトというしがらみの無い環境で、人とちょっと話して、カフェ代くらい稼ぎたいな、と思う日もあれば、

もう少し骨休め・・と思う日もある。

 

小説やNetflixに溺れる日も、幸福度が98%くらいまで下がってきました。

夕方になると、「いつまでこうしてていいのかな?」って、2%くらいの罪悪感を感じます。

ところが、「証明写真を準備する」みたいなささいなことでも、

将来に向けたことを何か一つでもやっておくと、残りの時間は罪悪感なく過ごせる

ってことを発見しました。

 

罪悪感の薄め方を覚えたことだし、この読書リストをコンプリートするまでは、

無職でいようかなぁ?

▷ セミリタイア中に読みたい、長編シリーズ小説5選ー退職して読書ジャンルも自由

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村