管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

更年期症状が重いのは「嫌なこと」を辞めるからなの?

昨日は、病院に検査結果を聞きに行きました。

先日、駅で倒れてしまったので、重大な病気が無いか、調べていたのです。

▷ 駅で倒れて救急車ーこれは病気?それとも更年期障害?  

 

検査結果は、心臓に問題なし、でした!

よかったー!!

ずっと不安だったので、心からホッとした。

あの記事に、温かいコメントや、はてなスターをくださったみなさま、あらためましてありがとうございました。

 

ということは、ですね。

この動悸、不整脈はやっぱり、更年期症状なのでしょうか?

もしかして、セミリタイアが更年期症状を重くしたのかもしれません。

せっかく嫌な仕事から解放されるのに、なぜ・・・?

 

心臓には問題無し。動悸はいわゆる「不定愁訴」

先生によると、24時間のホルター心電図では、ほとんど不整脈の発生が見られないんだそうです。

心臓のエコー検査にも、悪い兆候は無し。

たまたま不整脈が起き、その後、たまたま貧血が起きただけでしょう、との診断でした。

 

えー・・・。

不整脈も動悸も、バリバリ自覚症状があるのに・・・。

私の動悸は、気のせい、というか、いわゆる不定愁訴、になるらしい。

不定愁訴ということはやっぱり、この動悸は更年期症状なんですかねぇ??

 

産婦人科医による「更年期症状がひどくなる人」の特徴解説

そこで、更年期症状について検索していたら、YouTubeにこの動画をオススメされました。

「【産婦人科医 高尾美穂】更年期の症状がひどい人、ほとんどない人 何が違うの?」

というタイトルです。

 

先生は、更年期症状が強くなる人の特徴を3つ挙げています。

  1. 自己犠牲型、と言えるほど真面目な人
  2. 人生の曲がり角といえるイベントで、ある種の喪失感を味わう方
  3. エクオールの産生能が無い方

気になったのは、2つ目の「人生の曲がり角といえるイベント」という言葉。

youtu.be

 

息子が結婚で巣立ったことにより、子供のご飯を作らなくてよくなった人、

嫌だと思って続けてきた、お舅さんの介護が終わった人、

パートナーに女性として見てもらえなくなった、と感じた人、

こういった、心にポッカリ穴が空いたような経験をした人は、更年期症状が強くなる傾向にあるみたい。

 

嫌なことでも、それが終わると心にポッカリ穴が開く

意外だったのは、

「『嫌なこと』であっても、それが終われば、ある種の喪失感になる」

という点です。

(4分12秒〜)たとえば、嫌だなと思いながら続けてきた、お舅さんの介護。

嫌だな嫌だな思いながら頑張ってきたわけなんだけれども、

ある日ポックリお舅さんが亡くなってしまった時に、また感じる喪失感。

 

私はいまセミリタイアしようとしています。

会社のリスキーな方針や、会社と部下との板挟みといった、嫌な嫌な仕事から、ようやく解放されるんだけどな・・・。

本当なら、ウキウキして良い状況のはずなんだけど・・・。

 

その一方で、何十年と続けてきた、フルタイム正社員を辞めるというのは、人生の大きな曲がり角ではあるね。

プレッシャーや拘束時間が無くなる、というのも、一種の喪失なのかもしれない。

 

セミリタイア+更年期=人生の移行期を味わいます

私は、このセミリタイアを、喜ぶべき門出、と前向きにしか捉えてなかった。

だけど、心も身体も、そう単純じゃないのかもしれない。

「昨日会社辞めた。はい今日からバラ色!」ってわけじゃないかもね。

 

この年代で、ホルモンの分泌が変わる時、身体の調整期間として更年期症状が現れるように、

セミリタイア前後も、心と身体の移行期間として、不調が起こるのかもしれないなぁ。

 

外資系IT企業で、何社か勤務してきました。

その中で、日本の社長、役員(Country Managerや、Cクラス)の人が変わった直後、

「Transistional period"(移行期)です!」って言えば、少々売上が落ちても許してくれることが多かった。

同じように、今は人生の移行期なんだー、少々体調が落ちるのは仕方ないね、と思ってみることにします。

 

セミリタイアに限らず、多くの女性にとって、更年期は人生の曲がり角イベントが多いですよね。

両親や、お舅、お姑さんが亡くなったり、子供が巣立ったり、自分やパートナーが退職したり。

年齢による身体の変化だけではなく、心にも移行期があるのは当然なのかも。

 

動悸の症状は不快なので、「楽しみます」とまでは言えないけど、

「おお、動悸くん、また来たの。もう来ないでいいよ」って感じで、移行期を味わうことはできそうな気がしてきました。

 

● 更年期、体調不良の変遷。自分の考え方も移り変わってます ●

(2022年1月)あの不整脈は更年期障害じゃなかったのか!

(2022年3月)退職を決めただけで高血圧が治った?ー身体の声を信じます

(2022年6月)駅で倒れて救急車ーこれは病気?それとも更年期障害?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村