管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

会社を辞めた過ぎて「縁切榎」へー自分の弱さを受け入れたら楽になった

少しずつ「仕事離れ」「脱・社畜マインド」の練習をし始めた私。

それでもまだ、「トラブルがあったら退職させてもらえないのでは?」という恐怖が襲ってきます。

 

「こんな被害妄想、早く断ち切りたいな」と思っていたところ、

櫻木ゆめのさんのブログで、「縁切榎」を知りました。

男女の縁や断酒だけでなく、嫌な人間関係、ネガティブな思い癖、反省すべき生活習慣その他、何でも切ってくれます。

larisa.hateblo.jp

 

すごい!ネガティブな思い癖を切ってくれるんだ!

会社を辞める権利があるのに、「辞められないのでは?」と思ってしまうこの妄想。

ぜひ断ち切っていただきたい!とお参りしてきました。

 

 

「会社との縁切り」は、ポジティブな言葉で

写真が下手でごめんなさい。他の参拝者の方が写らないようにしたら、この角度に。

縁切榎さまに到着するやいなや、

責任を取らされるだけの管理職も、部下のケンカの仲裁も、もうやってらんない!

今すぐ縁を切ってください!」・・と叫びそうになりましたが・・ぐっと我慢。

 

呪うような言葉はNGと、ゆめのさんの記事で教えていただいてましたので、

こうお祈りしました。

「私より優秀で、適性のある後任が定着しますように」

「もう協業が炎上せず、両社ますます繁栄しますように」

「〇〇社のみんなが、心安らかに働けますように」

 

ポジティブな祈りで突如「いい人」に?

それだけで、心が落ち着きました。

この仕事が辛いのは、誰かのせいではないのよね、私に合わなくなったっただけよね。

これまで何年も、お給料や人との交流、学ぶ機会を頂いてきたことに気づけた。

そのことに感謝し、笑顔で卒業しよう、と思えた。

 

あれ?私、なんだか急にいい人になった?

そうか、だからポジティブな言葉で祈らなきゃいけないんだ・・。

祈りの言葉って、自分に染み込んでいくからなんですねぇ。

心の中で唱えるから、聞いているのは自分(と縁切榎さま)だけだもんね。

 

恨みや呪いがNGなのは、「自分を」怒らせるから?

誰かの幸せを祈れば、自分の心が安らかになる。

反対に、誰かを呪えば、最後は自分を傷つけることになる。

 

なぜって

あの時、会社への恨みつらみを唱えていたら・・・

私の怒りや不満は収まらないまま

ストレスは溜まったまま

それで健康を害したり、人とトラブルを起こしたり・・・

呪いの言葉で、結果的に自分が不幸になるのは、「自分で自分を怒らせる」から。

迷信じゃなくてこういうロジックなんじゃないかな?

 

退職が怖くってもいいじゃない

縁切榎があるのは、板橋本町の、旧中山道沿いです。

せっかくなので散策してみました。

縁切榎は、江戸時代の地図(五街道分間延絵図)にも載ってるみたい。

それだけ霊験あらたかってことよね〜。

 

私の「何かあったら退職させてもらえない」って妄想も、早く断ち切ってください〜、

と願いながら歩くうちにふと思った。

「妄想や恐れがあってもいいじゃない」って。

 

今回の退職はいままでのように転職ではなく、セミリタイアです。

収入が大きく下がるし、最悪の場合、生活が困窮するかもしれない。

そんな大きな決断をするのに、恐れや不安はあって当然なのかも・・?

 

自分の弱さを受け入れたら楽になった

セミリタイアに対して、100%ハッピーな気持ちになるはずって思ってた。

だってあの会社を辞められるんだよ?

これからは管理職じゃない仕事ができるんだよ?

 

それなのに、「辞められないかも?」って妄想する自分は異常って思ってたけど、

人生の岐路に立ってる時は、ちょっと異常になってもいいのかも・・??

 

人は、特に私は、やっぱり変化に弱い。

自分が望んだものであっても、変化は変化だから、それを恐れる気持ちがあってもいい!

「板橋」っていう橋が!板橋区の名前の由来?


「怯えてもいい、妄想していい」って自分の弱さを受け入れたら、すごく楽になりました。

これも縁切榎のご利益かも?

いやきっとそう。

お参りの帰り道にこんなに心境が変化してるなんて、縁切榎さますごいです。

 

「縁切り」は、恋愛や人間関係だけに関わるもの、そう思っていました。

だけど、板橋の縁切榎さまは、仕事にも効くのね!

 

●後日談〜無事に退職できたので、お礼参りに行きました ●

yamekanri.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村