管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

会社サボってつつじ苑ー子離れならぬ「仕事離れ」の練習

先日の記事を書いていてつくづく思ったことがあります。

社畜になれー、と洗脳してたのは、他ならぬ自分自身だったなぁ・・」と。

 

「退職しちゃダメ」って思い込ませてたのは自分自身

あの記事を書いて「何かトラブルがあったら退職できない」と思い込んでる自分を見つけた。

辞める自由があるのを忘れるなんて、社畜そのものじゃん!と自分で呆れました
 

 

よく考えたら、「何かあったら退職させない」って誰にも言われたことないもの。

一つの会社にずっと勤めてたら、「無言の圧力」「空気を読む」ってこともあるかもだけど、

私は何度も転職をしてるので、社風や上司はしょっちゅう変わる。

だから「何かあったら辞めちゃダメ」って思い込ませてたのは、自分自身なんだよなぁ。

 

子離れならぬ「仕事離れ」が必要?

もしかして・・?

「管理職辞めたい!仕事辞めたい!」と言いながら、

無意識では、仕事を手放すのが惜しいのかしら?

子離れできない、という言葉をよく聞くけど、私は「仕事離れ」できない人なのかも?

そんな時に目に飛び込んできたのが、「公園で息抜き」という言葉。

はてなブログの今週のお題「好きな公園」への、寄稿のお誘いですね。

そうだ、公園で息抜きして、自分から「仕事離れの練習しよう」と思い立ちました。

 

当日に有給とったの、何年ぶり?

「きょうは会社休みます」という人気漫画、ドラマがあったけど、

私はあんまり、当日に有給をとったことがありません

それほど体調を崩さないし、お世話する家族もいないので、急に休む理由がなかったんですね。

いやはや、やっぱり私、社畜みたい。

何年かぶりに、「当日に有給をとる」をやりました。

「理由なく、当日に、仕事を休む」脱・社畜マインド、会社離れの第一歩ですね。

「せっかく平日休むんだから、土日に混みそうなところへ行こう」と探して、根津神社のつつじ苑へ行きました。

 

長く仕事を続けるコツは「息抜き」だったのかも

はたして、平日のつつじ苑はおおむね空いてました。

もちろん人は大勢いたけど、土日の混雑とは比べものにならないだろうな。

満開のつつじ苑を、快適に散策しながら思ったことは・・

「こうやって上手に息抜きしてたら、もっと長く働けたのかなぁ」

ということ。

ひどく落ち込んでいた時に、

「公園で空でも見上げて来なさい」と役員に言われたことがあった。

あの時は、管理職辞めたい!この会社辞めたい!という気持ちがMAXだったので気づかなかったけど、

息抜きが、仕事を長く続けるコツなのかもしれない。

 

サイドFIRE、セミリタイアが最良の選択とは限らない

 

自分のセミリタイア関しては、今のところためらいはありません。

だけど、全ての人にとってセミリタイアが最良の選択とは限らないよな、とも思う。

だって、こんなに仕事が嫌じゃなければ、長く働いて安定した収入がある方がいいはずだもの。

私は息抜きが下手で、自分を追い詰めた結果、こんなに仕事が嫌いになって、

「セミリタイア」という、ちょっと極端な行動に出ちゃったのかも・・。

そんな風に思いました。

とはいえ、セミリタイアを辞めよう、とまでは思わないかな。

退職までに少しずつ、「仕事離れ」をしていこう。

 

●過去記事ー追い詰めてるのはけっきょく誰?自分?上司?部下?取引先?●

yamekanri.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村