管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

英語ボランティアの説明会に参加、自分の「甘さ」を痛感

あるボランティアの説明会に参加してきました。

セミリタイア後、しばらくは仕事をしないつもり。

だけど無職の期間、誰とも話さない、社会との接点がゼロ、な生活に耐えられるかな?

・・・そんな心配をしてたら、同僚がボランティアを紹介してくれたのです。

 

彼の奥さまはアメリカ人で、英語ができる志願者を探してるとのこと。

英語も忘れないし、新しい知り合いもできるし、社会貢献にもなる。

一石二鳥どころか一石三鳥、と喜んで説明会に参加しました。

 

ボランティアの活動は素晴らしいものでした。

団体のみなさんも素敵な方々で、私の英語力でも対応できそう。

何より、今まで知らなかった「社会の不条理」を目の当たりにした。

こんな現実があるんだ・・って心が痛くなった。

こんな自分でも、何かできることがあれば、と思った・・「けど」。

けどけどけど・・。

 

このボランティアに参加して、この辛い現実を見続けることに、私、耐えられるだろうか?

社会との接点が欲しい、英語を忘れたくない、

そんな軽い動機で、このボランティアに参加する自信が無い。

 

団体のスタッフの方に、正直にそれをお伝えしたところ、

「自分達の活動を知ってくれた人が、一人増えただけで嬉しい。」

と、私の意見を尊重してくださいました。

 

ダメだなぁ、私。

自分の甘さを痛感しました。

だけどね、これでボランティアすべてを諦める気持ちにはならなかった。

自分にもできる別のボランティアをゆっくり探してみよう、と思った。

 

そう思えたのは、スタッフの方が、

「『英語忘れたくない』みたいな、自分のための動機でも構わない」

と言ってくださったことが大きいと思います。

その方がおっしゃるには「社会に貢献したい」も究極的には自己チューな動機だそうです。

「自分が」役に立つ存在になりたい、というケースも多いからだそう。

 

どんなことも最初からうまくいくとは限りませんよね。

私のボランティア探しはまだ始まったばかり。

今回のボランティアは、ちょっと上級者向けでした。

同僚の紹介だから、素晴らしい活動だから、という理由で、最初の説明会で決めなくてもいいのかもしれない。

 

もっと初心者向けのボランティアがないか、ゆっくり探してみます。

初めてのボランティア説明会体験で、そう思わせてもらえて良かった。

この素晴らしいボランティアを紹介してくれた同僚ご夫妻、団体のみなさんに感謝です。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村