管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

30年後の自分を助けた話ー何才まで、一人で外出できるか問題

外出先での出来事です。

若い女性が、車道に出ようとしたり引っ込んだり、なんだか不思議な動きをしてました。

「どうしたのかな?」と、彼女の視線の先を見てみると・・・

 

シルバーカートのおばあさんが、車道の真ん中で立ち往生してる!

 

横断歩道を渡りきれないまま、赤信号になっちゃったみたい。

止まってる車もあれば、対向車がいない時には、おばあさんを避けて進んだりしてました。

 

若い女性が、ぴょこぴょこと、歩道にでたり引っ込んだりしてたのは、

おばあさんを助けたいけど、どうしていいのか分からなかったのでしょうね。

 

止まってくれてた車に、目で合図して、おばあさんのところまで行って、

「一緒に渡りましょう〜♪」と声をかけました。

 

シルバーカートが進まなくなってたようだったので、

私が、シルバーカートを持ち上げながら、後ろ向きにゆっくり進んで、

無事に、歩道に到着。

 

車道は片側1車線ずつの狭い道路、交通量も、多くなくて幸いでした。

待ってくれた車のみなさん、ありがとう!

 

おばあさんは、認知症という感じはなく、本当に、カートが道路にひっかかってただけみたい。

後はお一人で大丈夫、ということだったので、そこでお別れしました。

 

よく見てみると、車道って、緩やかに、山型(かまぼこ型?)になってるのね。

まだ元気な自分には、平らに見えるけど、高齢者にとっては、急な上り坂なのかも。

 

私は、両親とも早逝していて、親戚も少ないので、身の回りに高齢者が少ないのです。

だから、こういうお年寄りの苦労を、目にする機会も少なくて。

 

おばあさんの背中を見送りながら、

「そうか。私もいつか、あの角度が、登れなくなるんだな。」

と思った。

 

私には、子供も、甥っ子や姪っ子すらいない。

そして、介護付きの高齢者用住宅に入居できるお金も、無い。

yamekanri.com

 

だから私は、限界まで、一人暮らしをせざるを得ません。

っていうか、集団行動が苦手なので、願わくばずっと、一人暮らしをしたいわ。

歩けるうちは、自分の足で、行きたいところに、行きたいなぁ。

 

だけど、足腰は弱ってくるわけで。

だから、あのおばあさんのように、私もいずれは、道の真ん中で、立ち往生するんでしょう。

 

そうか。

あのおばあさんは、30年後の私なのか。

私は、見知らぬおばあさんじゃなく、30年後の自分を助けたのかもしれない・・・。

cart

 

・・・そんな、SFまがいの妄想をした日でありました。

 

最近よく、「何才まで◯◯できるか?」ということについて、考えてしまいます。

耐久財を買う時には「10年後の自分も、これを扱えるか?」って考えちゃうし、

▷ 高齢になっても「ベッド」で大丈夫かな?ー高級敷き布団の値段に驚いた

 

お金の管理が、何歳までできるかも心配。

▷ 老後のお金、何才まで自分で管理できるか問題ー80代で金融サービスが使えるのか?

 

ここに、新たに「何才まで、一人で外出できるか問題」が加わりました。

あんまり先のことを心配しても仕方ないけど、せめて、健康には気をつけたいものです。

高齢になったら、金力より筋力!?

 

●関連記事:こりゃ本格的に「互助会」を考えねば●

yamekanri.com

 

まだ50代?もう50代?私は先のことを心配しすぎでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村