管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

他人がうらやましいなら、前世からやり直し

昨年から、とある趣味のサークルに、参加しています。

学生時代からの友人である「やたらオシャレくん」が、誘ってくれたのです。

 

無職で、一人暮らしの私。

毎日お気楽だけど、時には寂しいこともある。

 

だから、この定期的な集まりを、とても楽しみにしています。

今はまだ新参者だけど、いつかこのサークルが「第三の居場所」にればいいな。

 

だけど、今日書きたいのは、ちょっぴりネガティブなこと。

このサークルで、うっかり他人と自分を比べちゃったよ、という話です。

 

関連:この記事では、「コロナで、2回も延期に」って書いたけど、

その後無事に開催され、すでに何回か、会合に参加しています。

▷ コロナのせいで、なかなかたどり着けない「第三の居場所」

 

実はこのサークル、開催が、平日の昼間です。

私以外は、みんな会社員で、普通に仕事をしてるのに、なんで平日の昼間に、参加できるの・・・?

 

と不思議でしたが、どうやら皆さん、超ホワイト企業にお勤めのよう。

フレックスタイム制とか、休みがとりやすいとか、「3時間くらい抜けても平気」なんだって。

 

私も、これまで勤めた多くの会社で、フレックス制でした。

だけど、怒涛のように仕事があったので、午後2時で上がるとか、

中抜けするなんてことは、病院以外の理由では、難しかった。

 

そんなプレッシャーのない環境で働いてるみなさんは、やっぱり、

仕事のストレスはほとんど無く、「会社を辞めたい」とも思わないらしいです。

 

う、羨ましい・・・。

私もそんな環境で働けていたなら、人生、もっと楽だったろうに・・・。

 

燃え尽きてセミリタイアすることなく、つまり、収入が途絶えることはなく、

憧れの退職金をどどーんともらって、安心の老後を送れたでしょうに・・・。

 

関連記事:退職金には、縁がありません。

強がりで、こんな記事を書いたことも。

 

私だって、新卒の時は、彼らと同じような、大手企業に入ったのになぁ。

それなのに、一体どこで、道を間違ったのか???

 

・・・・って、その大手企業に耐えられなかったのは、私だよね。

 

せっかく入れてもらった優良企業を、たいした理由もなく、自分から辞めたんだった。

集団行動も苦手だったし、OLのお仕事も向いてなかったから。

 

失敗したかなぁ?

あのままおとなしく、あの会社にいればよかったかなぁ?

 

でも待って。

あの会社では、あの時代に、女子が総合職になるのは難しかったよね。

男だったら、よかったのか・・・?

 

いや、人生を何度やり直しても、彼らのようには生きられないだろうな。

 

whiteflower

Image by bess.hamiti@gmail.com from Pixabay

 

規則が苦手で、自由が何より大切な性格は、母譲り。

ということは、あの母の元に生まれたら、もうこの性格になっちゃうし、

それに、性別や時代の制約は、変えられないし。

 

そうか。

「ホワイトボーイズ」(と、心の中だけで呼んでる)のようになりたいなら、

前世からやり直さないと、ダメなのか。

 

つまり、人をうらやんでも仕方ない、ってことですね。

今の私も、彼らと同じように、平日に参加できてるんだから、それでいいのかな。

 

私は私のやり方で歩いているうち、彼らと道が交わった。

そう考えると、なんとも面白いです。

 

サークルの皆さん、異端の新参者を、快く受け入れてくれて、ありがとうございます!

 

●・・っていうか、もっと有給を取ればよかっただけかも?●

yamekanri.com

50代、みんな違って、みんないい

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村