管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

リビングでメイクをした結果、真実が白日の下に!

いやー、昨日は本当に寒かった(今日も寒いけど)。

いつもは、洗面所でお化粧するんだけど、そこに立ってると、足元が冷える。

 

フルメイクするので、時間がかかるんです。

yamekanri.com

 

浴室暖房をつければ、隣の洗面所も暖かくなるけど、浴室暖房はガス。

もう、ガス代の過去最高を更新したくはありません。

▷ 自業自得の、高額「ガス代」ー習慣を変えるのは大変

 

そこで、お化粧道具を持ち込んで、リビングでメイクすることにしました。

リビングなら、暖房がついてて、その上、日当たりも良いしね、

そうしようそうしよう、と、鏡を覗き込んだら・・・・。

 

・・・・あれ!?

私の顔、ここまで小ジワが多かったっけ?

 

一瞬、自分の目を疑いました。

太陽光で見た自分の顔は、洗面所で見るのと、ぜんぜん違ってたんだもの。

 

小ジワだけじゃないの。

こんなにクマが、濃かったっけ?

ほうれい線って、ここまで深かったっけ?

シミ、シバカスも、こんなに増えてたっけ?

顔色も、こんなにくすんでたっけ?

 

と、「たっけ?」の連続でした。

 

「白日の下に晒す」っていう慣用句がありますけど、あれ、本当ですね。

白日(はくじつ)の下(もと)に晒(さら)・す の解説
隠されていた物事を世間に公開する。「不正の実態を―・す」

白日の下に晒す(はくじつのもとにさらす)の意味・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

 

makerup_room

UnsplashIrina Grotkjaerが撮影した写真

 

洗面所で隠されていた、顔の老化が、お天道様の下で、暴かれたのか・・・。

 

美を追求するタイプではないので、年齢相応に、顔の変化を受け入れていたつもりでした。

だけど、久しぶりに、自然光の中ですっぴんを見たら、思ってた以上に、老けが進行してました。

 

洗面所の照明は、ダウンライト2つ+洗面器を照らす蛍光灯、です。

十分明るいと思ってたけど、太陽光でないと見えないものがあるのね・・・。

 

気を取り直してメイクしたけどさ、仕上がりもさ、人工照明で見るのと、

太陽光で見るのは、やっぱり違ったよ。

アイラインとか、クマ隠しとか、思ったより小ジワに馴染んでなかったわ。

 

っていうことはさー。

お日様が降り注ぐテラス席では、相手は私の、「真実バージョンの顔」を見てたってことよね?

 

なんか、ショック・・・。

自分は隠せてると思ってたことが、相手にはバッチリ見えてたなんて・・。

 

「真実バージョンの顔」を見慣れるためにも、

防寒のためにも、しばらくはリビングでのメイクを続けようと思いますが、

カフェで、窓際やテラスの席に案内された時には、断わろうかな・・・。

 

真実を知りたくなかった50代

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村