管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

上司とは「部下に消費されるためのコンテンツ」?ー「会社に戻ってきて」と言われた

立て続けに、元・部下から、ご飯のお誘いを受けました。

そして、そのどちらもから、「ジャスミンさん、会社に戻って来てください!

◯◯さん(私の後任の人)とはやっていけない!」と言われた。

 

 他部署の元・同僚からは、後任さんは上手くやってると聞いてるが・・

▷ 後任が成功しても、しなくても、複雑な心境です

 

「ありがとう。そう言ってもらえて嬉しい」と答えたものの、

もちろん「戻ってきて」を、真に受けたりはしません。

 

だって、思い出は美化されるから。

「昔は良かった」と思うのと同じで、

「ジャスミンさんは良かった」と、私が、「古きよき時代」になっただけ。

 

さらには、後任さんは着任して約半年、

ちょうど嫌なところが目につき始める時期でもあるのでしょう。

ひとしきり後任さんの愚痴を言ったら、二人とも、スッキリした顔で帰っていきました。

 

私も現役時代は、さんざん、愚痴ネタにされたんだろうなぁ。

遠い昔ですが、当時の部下に、Twitterに不満を書かれたこともあるし・・・。

(ご丁寧に、教えてくれた人がありました)

 

管理職になりたての頃は、部下全員から好かれようと、オドオドしてたけど、

そのうち気にならなくなりました。

 

だって、上司ってそういうものだから。

飲み会で愚痴られてナンボ。

 

「上司という存在は、消費されるための、部下専用コンテンツだ」

いつからか、そう割り切るようになりました。

 

他にも、それを再確認する出来事があった。

それは、何社か前の同僚たちと、飲み会をした時のこと。

kampai

 

(この記事の時です)

▷ 4人で集まったら、1人しか働いてなかったーFIREブームとの共通点は?

 

みんなの「プチ早期退職」についても語り合ったけど、

昔のビッグボス(アメリカ本社の偉い人)の話でも、大いに盛り上がった。

 

全員、いい大人(3人はアラ還)なのに、みんな、既にあの会社を辞めてるのに、

それでもまだ、当時の「上司」の愚痴で笑ってるのは、

まだ恨んでる、とかそういうことでは無くて、

昔を思い出させてくれる、かっこうのネタだから。

 

上司ネタは、カラオケで、みんなで盛り上がれる「鉄板ソング」なんだなぁ、と思ったのです。

っていうかね、そうやって、愚痴を言う側の時はいいんだけど・・・

 

不満を言われる上司側の立場になったら、

「上司って、飲み会で部下に消費されるコンテンツだよね」

とでも思わないと、ハートがもたないです。

 

私への不満がTwitterに書かれてる、と聞いた時は、もちろん傷ついて動揺しました。

自分の非は認めつつも、反論したいことは山ほどあったけど・・・。

 

落ち着いたら、上司が不満を言われるのは、「構造上」仕方ないと理解できた。

だって、指示を出したり、人事評価したりするのは、上司側だもんね。

(私が100%、クソ上司だった可能性も大ですが)

加えて、外資だと、クビに(退職勧奨)できたりもするしね。

▷ 外資系の社員がクビになっても大丈夫な理由

 

・・・だからね、

元部下たちから、急に慕われるようになったのも、同じく構造上の問題。

人事評価する立場じゃなくなったからってだけで、私が真に良き上司だったからではない。

 

現役の時より、元部下たちと仲良くなれたのも、セミリタイアの特権かな。

後任さんは、新しい仕事、新しい部下を抱えて、本当に大変だと思う。

頑張ってほしいです。

 

●関連記事1:面と向かってバカにされたら傷つきます●

 

●関連記事2:迷える管理職を応援するアニメ動画●

クリック励みになります!お手数をおかけします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村