管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

管理職・中年は話を聞いてもらえないーだけど私たちにも心の叫びがある

これを投稿したら、ちょうど100記事目になります。

「管理職を辞めたいよー!」という気持ちをはき出したくて始めた、このブログ。

平日は5時に起きなきゃなのに、休日は楽しみの時間を削らなきゃなのに、

それでもブログを書くのは、「自分の話を誰かに聞いてほしいから」

だと思う。

 

だってみなさん、リアルな人間関係では、あまり自分の話できなくないですか?

こんなふうに思って、自分の話をひっこめちゃうことってないですか?

会社では、「昔話ばかりするうざい上司、中年」と思われるのが怖い

プライベートでは、よき友人として、自分よりも相手の話を優先すべき

って。

 

だけど・・・管理職だって、中年だって人間だもの。

愚痴や、たまには誇らしい気持ちを、聞いてほしい時がある。

私はブログを書くようになって、なんだか心が安心するようになりました。

ブログには「聞いてもらってる感覚」があるからだと思います。

読んでくださる皆さま、本当にありがとうございます。

 

自分の話をすると嫌われがちな管理職

よき上司としては、部下の話はさえぎらずに黙って聴いてあげたい。

今流行りの「傾聴力」ですね。

だけど、話を聞いてるうちに、「私も昔、似たような経験があるな」とアドバイスしたくなることがある。

しかしそこはぐっと我慢。

 

ただでさえ嫌われやすい管理職です。

自分の経験なんて話そうものなら、

「今は令和、おじさん・おばさんの若いころとは時代が違うのよ」、とか

「また、自分の若い頃の自慢かよ」、とか思われるのがオチ。

中年の管理職は、会社で自分の話なんかしない方が身のため、なんて思っちゃう。

 

嬉しい話も「自慢?」と思われそうで話せない

だけどね・・管理職だって、中年だって人間です。

誰かに「心の叫び」を聞いてほしい!

私はブログという場に、自分の思いをぶつけているんだと思います。

●「管理職だって人間」については、前にこんな記事も書きました●

yamekanri.com

 

友達はもちろん話を聞いてくれます。

だけど、自分の、しかもネガティブな愚痴ばかり言い募るわけにはいかないよね。

あと反対に、「自分頑張った!うれしい!」という話は、「自慢?マウンティング?」と思われるのが怖い

気にしすぎかな・・?

でもやっぱり「そこそこ貯金が貯まったので、会社を辞められることになりました

なんて話、リアルではしにくいです。

 

他人の話を奪っちゃダメ、と思ってますます自分の話ができない

それから・・

自分が話してるのに「分かるー!私もね・・・」って会話を持っていかれちゃうこと、ないですか(笑)?

これが起きるとさびしくなる・・。

もちろん親友たちはそんなことしないけど、会社とか、習い事とか、薄い関係の友達では起きがち。

自分も人の話を奪わないように気をつけなきゃ・・

そう思うとますます、自分の話ができない。

 

私にはもともと、内省が趣味です。

モーニングページ、カフェでノート、スマホで日記など、常に気持ちを綴ってきました。

だからブログはやらなくてもいいな、なんか怖いし、と思ってきたけど・・

こういうモヤモヤが溜まり、「誰か私の話を聞いてー!管理職辞めたいのー!」

という心の叫びの爆発が、ブログ開設の起爆剤になった気がします。

 

ブログには「聞いて」もらってる感覚がある

実際に始めた結果、「ブログには聞いてもらってる感覚がある」と分かりました。

それはやっぱり、読み手を意識して書くからかなぁ。

さらに、はてなブログではスターもコメントもいただけるし、

ブログ村のポイントでも、読んでくださる方の存在を感じられる。

 

聞いてもらう、っていいですねぇ。

気持ちを吐き出した後は、心がスッキリした後に、安心感が残ります。

こんな下手なブログを読んでくださる皆さま、本当にありがとうございます。

 

セミリタイアを果たしても、

「一人で寂しい」とか、「お金が減る一方で不安」とか、

心の叫びが尽きることはないでしょう。

今後も楽しくブログを続けたいと思いますので、

ときどき、ジャスミンの様子を見に来てくださると嬉しいです。

 

●ブログのお陰で、子供の頃の夢まで叶いました●

yamekanri.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村