管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

「思い通りにいかない=失敗」ではないー未来も、性格すらも自分では分からない

今日から新年度ですね。

新入社員の皆さんは緊張してるかな?

自分の入社式は30年以上前なのでよく覚えてないけど、配属が希望どおりでなくてガッカリした記憶があります。

 

当時はバブル景気だったので、運良く人気企業に就職することができました。

総合職の道もあったけど、自分は地味な性格だから一般職が向いてると思った。

キャリア志向なんてこれっぽっちもなかった。

その大企業で社内結婚して、30歳前に辞められたらいいな、なんて思ってた。

f:id:tajaaan:20220401065156j:plain

 

ところが、今の私ったら?

社内どころか、結婚そのものができなかった。

大企業の一般職が向いてると思ったのに、なぜか小さな外資ITで部長やってる。

 

ぜんぜん思い通りになってない!

・・・・だけど、これはこれで幸せ。

 

寂しいな、結婚したかったな、と思う日もあるけど、身軽なので好きなように生きられてる。

●早期退職できる理由は「独身」、できない理由もまた「独身」●

最初の会社を辞める時、皆にさんざん「もったいない」と言われけど、転職してお給料は何倍にもなった。

●外資系企業の給料はなぜ高いのか?●

 

思い通りにいかなかった直後は「ああ!失敗した!」と落ち込むけど、本当は違うのかも。

「思い通りにいかない=失敗」じゃない。

上手くいかないのは、やり方や進む方向を変えよう、という合図にすぎない。

 

入社式の時にガッカリした配属先って営業管理部門だったんです。

いまのキャリアはそこで覚えたことが基礎になってます。

だから入社式の日にガッカリした、あの配属先になって良かったんです。

 

地味な性格だから補佐的な仕事の方が向いてると思ったのに、OLは合わずにすぐに辞めてしまった。

だけどバリバリ働く方向に転換したら、意外にも評価されてどんどん役職が上がった。

未来も、自分の性格すらも、自分では分かってないもんだなぁ。

だから新社会人の皆さんには、いっぱいいっぱい「思い通りにいかない」経験をしてもらいたいと思います。

 

・・・なんて、「管理職を辞めたい」ブログを書いてる人が言っても説得力ないですね。

「出世したって苦しいんでしょ?じゃあ結局それも失敗なんじゃ?」と自分で突っ込みたくなるわ。

この「管理職辞めたい」という気持ちもまた、やり方や進む方向を変える合図だと思うしかないですね。

 

これが失敗だったかどうか、結果が分かるのは、まだ何年も先のこと。

それまでは今日という日を必死に生きていきますです。

行ってきまーす。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村