管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

セミリタイア中に読みたい、長編シリーズ小説5選ー退職して読書ジャンルも自由に

セミリタイア生活に備え、「読みたいシリーズ小説」のリストを作っていました。

おかげで、今のところ孤独や暇は感じていません

・・・ってまだ一週間だから当たり前か。

 

読書といっても、ほとんどは、肩の凝らないエンタメ小説ばかり。

部下のマネジメント法や、モチベーションアップの本は、もう読まなくていいんだもんねー。

退職したら、読書ジャンルも自由になるというのは、一つの発見でした。

 

もちろん、無理してでも、仕事関係の本を読む時期も、人生には必要です。

けれども、本を選ぶ時に、「生産性」とか「自己成長」とか一切考えないでいいって、すごい解放感だわー。

 

 

「十二国記」シリーズ|小野不由美(全15巻)

まず、読み始めたのがこの「十二国記」シリーズ。

この世のどこかで繋がっている、十二の国の異世界のお話です。

これまであまり馴染みのなかった、日本のファンタジー小説。

自分に合うかな?と疑問でしたが、そんな心配は無用でした。

 

15分だけ読書、のつもりが、いつの間にか本の向こう側の世界に引き込まれ、気づいたら夕方。

さすがは30年もファンを魅了し続けるだけのことはありますね。

ああ、今日も早く、十二国記の続きが読みたい。


十二国記 ライトノベル 1-15巻セット [文庫] 小野不由美; 山田章博

 

「銀河英雄伝説」シリーズ|田中芳樹(全15巻)

元・同僚にファンが多かったのが、「銀英伝」こと「銀河英雄伝説」。

IT業界で人気なのでしょうか?

オススメされる度、「そんな長いの?なら、老後の楽しみにとっておくわ」と答えていましたが、

ついにその時がやってきた?

老後と呼ぶにはまだ早いけど、リタイア生活ではあるもんね。

 

さきほどの「十二国記」は初刊から30年でしたが、「銀英伝」はなんと刊行から40年なんですね!

私とそんなに歳が変わらないじゃない(変わるか)。

コミック、アニメ、実写映画、舞台、とファンを魅了してる作品、私もハマるのかな?


銀河英雄伝説全15巻BOXセット (創元SF文庫)

 

「剣客商売」シリーズ|池波正太郎(全16巻)

こちらは、友人のだんな様からのオススメです。

主人公は、小柄でありながら剣が強く、悪を倒していく初老の男性。

さらには息子より年下の女性と再婚していて、プライベートもリア充なんだとか。

・・・なるほど、男性の夢が詰まった作品ですね。

その上、隠居生活でもお金には困ってないとは、リタイア族の憧れにもなりそうです。

 

「私は剣術とか興味ないけど大丈夫かな?」と聞いたら、

「大丈夫、女性でもちゃんと面白い。」と請け合ってくれましたが、果たして?


剣客商売 新装版全21巻セット(第1巻~16巻、番外編・黒白上下・ないしょないしょ、包丁ごよみ、剣客商売読本)(新潮文庫)

 

「徳川家康」シリーズ|山岡荘八(全26巻)

続いても時代小説なのですが、こちらは全26巻・・・。

「困難に負けない家康に、勇気をもらえる」らしいですが・・

いくらセミリタイアで暇とはいえ、26巻のハードルは高いわー。

 

26巻読破を誓うのは難しいから、まずは第1巻を読んでみようかしら。

来年2023年の大河ドラマは、松本潤さんが徳川家康を演じるそうですし。


徳川家康 文庫 全26巻 完結セット (山岡荘八歴史文庫)

 

「肩をすくめるアトラス」シリーズ|アイン・ランド(全3巻)

リストの中で、唯一、ビジネス寄り。

3巻で、シリーズと読んでいいものか迷いますが、このたった3巻が、私にとってはやはり高いハードル。

なぜなら、「肩をすくめるアトラス」にはすでに一度挫折してるんです。

 

「アメリカで聖書の次に読まれている本」

「アメリカ政財界の著名人が影響を受けた本」

そんな噂を聞き、「アメリカ企業に勤めてるんだから、一度読んでみようかしら?」と

手に取るも、1巻目の10%くらいで、早々に断念。

だって暗いし、お話がなかなか進まないし・・。

 

それでもずっと気になっていて、いつかリベンジしたいと思っているシリーズです。

 


肩をすくめるアトラス 第一部

 

番外編「れんげ荘物語」シリーズ|群ようこ(全6巻)

「れんげ荘シリーズ」は、退職前にシリーズ全巻を読み終わっため、読書リストには入っていないのですが、

きつい仕事、辞ーめた!って人の教科書ですので、番外編としてここに入れておきます。

 

前にこちらでも紹介しました。

無職になったら行政の人にいろいろ聞かれるの? - 管理職も会社も辞めました日記

この記事を書いた頃、リタイア生活はまだ想像の世界だったけど、ようやく実現したんだなぁ、しみじみ。


れんげ荘 (ハルキ文庫)

 

スピンオフなどを除けば、全部で75冊かー。

このリストをコンプリートするのが先か?

それともその前に、減っていく貯金や孤独に耐えかねて働くのか?

・・・セミリタイア生活は、まだ始まったばかりです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村