管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

常識は簡単に変わるよねーFIREできるのは常識を気にしない人?

日比谷ミッドタウンの辺りを歩いていた時のこと。

「昔ここに"Radio city"っていうディスコがあったよね?」と、なぜかバブル時代の思い出がよみがえりました。

部署の人たちと、そのディスコに来たことがあったなぁ。

(クラブじゃなくてディスコなの)

 

私が新入社員だった頃、世はバブルまっ盛りでした。

私のような容姿でも、ただ若い女性というだけで恩恵を受けることがあった。

たとえばそういう部署の集まりで、「終電なので帰ります」などと言えば、

男性の先輩が「遅いからタクシーで帰りなよ」と1万円札を渡してくれる。

相手だってまだ27、8歳なのに。

 

その後デートのお誘いを受けたこともないので、恋心ではない気がする。

純粋に「男性は女性にタクシー代を渡すもの」と思っていたのでしょう。

常識が現在とはぜんぜん違う。

 

早く結婚した先輩たちは、「住宅ローン金利はどんどん上がるから、早く家を買わなきゃ」と話し合ってた。

5%の固定金利でローンを組んだ人が「良い金利でよかったな」と言われたりしてた。

またまた、今の常識とかけ離れてます。

 

あれは狂った時代だった、と言うことは簡単です。

だけど、バブルが崩壊するなんて、30年後住宅ローンの金利が0.5%を切るなんて、あのころ誰も予想してなかったもの。

あの時はあの時なりに、みんな懸命に情報収集して、最善の道を選んでいたんだよね。

 

時代を評価できるのは、後の時代に生きる人だけ。

渦中にいる間は、その時代を必死で生きるしかないのです。

常識は10年やそこらで簡単に変わり、過去の常識のことをいつのまにか忘れてしまう。

f:id:tajaaan:20220310191447j:plain

 

もうすぐセミリタイアしようとしている私。

ファイナンシャルプランナーに相談して、慎重な計画を立てたつもりです。

だけどきっと「こんなはずじゃなかったぁぁぁ」ということが起きるんだろうな。

だって常識はすぐに変わるもの。

 

50余年の人生で学んだことはそれです。

予想外の事態が起きたらしばらく泣いて、またその時にできることをやっていこうと思ってます。

 

そういえば、あのタクシー代どうしたんだっけ?

丁重にお断りしたことも、ありがたくタクシーに乗ったこともあったような。

ほどなくしてその会社を辞めてしまったので、みなさんの消息を知りません。

タクシー代をくれた人も、5%の住宅ローンを組んだ人も、そろそろ還暦だね。

みんな元気かな?

住宅ローンは、どこかで借り換えたかな?

 

あの時に家を買わず貯金した人、

男気なんて気にせず、女子にタクシー代を渡す代わりに貯金した人。

そういう人は今ごろFIREしてるかも。

 

流行や時代の常識と無縁な人が、あんがい勝ち組になるのかもしれませんね。

すっかり再開発された日比谷を歩きながら、そんなことを思ったのでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村