管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

黒歴史は「あること」で消えるー諸行無常な気分の土曜日

昔々お付き合いしていた人のお母様が亡くなられたそうです。

昨日人づてに聞きました。

彼と彼のお母様のことを思い出す度、私は苦々しい気持ちになります。

 

思い出したくないので詳細は書きませんが、私の母が、彼のお母様にすごく恥ずかしいことを言ったのです。

若かった私は感受性が今より強く、しかし対応力は弱かった。

うちの母を恥ずかしいと思ったけど、母に抗議することも、うまくフォローすることもできず、心の黒歴史となりました。

30年も前のことなのに、今でも居たたまれない気持ちになります。

 

そうか、お母様は亡くなられたのね。

きっと平均寿命くらいのお歳かな。

私の母の方は、ずい分前に亡くなっています。

 

思い出も、恥ずかしい過去も、こうして人とともに消えていくんだな。

 

彼は、私の母の発言や、私が恥ずかしくて泣きそうになってたことを覚えているかな?

覚えていたとしても、彼もいつかはこの世からいなくなる。

そして何より、私もいつかは死んで、この記憶から解放される。

 

消したい黒歴史がある方、ご安心ください。

それを覚えている人は、いつか必ずこの世からいなってしまいます。

だから忘れたい過去というのは、必ず消える運命なんです。

 

f:id:tajaaan:20220409110003j:plain

 

訃報に接してこんなことを書くなんて不謹慎、そうお感じになった方がいらしたら申し訳ありません。

だけど私は、「嫌な記憶もいつかは消える」と思えるのは一種の救いだな、と感じてしまったのです。

 

お若い方は「そんな30年も待てないよ!いますぐ消したい記憶があるんだよ!」と思われるかも知れません。

それも大丈夫。

30年なんてあっという間ですよ。

 

諸行無常な気分の土曜日でした。

彼のお母様のご冥福をお祈りいたします。

 

●お付き合いした人と言えば・・●

フィルコリンズの映画を観に行った後にフラれてしまった彼

恋愛の自己最高記録更新を目指しちゃダメよ、というお話ー私が結婚できなかった理由

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村