管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

最後に勝つのは「老け顔」なのかー部活の同窓会に参加しました

大学時代の、部活の同窓会に参加しました。

私たちの部は仲が良いので、「先月も会ったね(笑)」という友達もいたものの、

「会うのは卒業以来」という、懐かしい人にも、たくさん会えました。

 

「○○くん、ぜんぜん変わらないね〜」などと挨拶したけどね、

正直に告白すると、みんな、やっぱり、ちょっとは、変わってる。

 

みんなの顔に、30余年の時が、降り積もっていました。

もちろん、私の顔にも、バッチリと、しっかりと。

 

そうよね、三次元の世界に生きる私たち、時間の流れだけは、平等よね・・・。

・・・なんて感慨にひたっていたら・・・。

あの頃と、ったく変わってない人たちがいた

 

女どうし固まって喋っていて、彼らを発見した時には、かなりざわつきましたね。

「ちょ、どういうこと!?□□さんと、△△さん、まったく変わってないんだけど!?」

「もしかして、1990年代の部室からタイムスリップしてきたの!?」

 

などと、SFまがいの説まで飛び交う中、私は悟った。

「最後に勝つのは『老け顔』だったのね・・・」と。

 

彼らは、学生時代、「課長」とか「部長」とか、「お父さん」などのあだ名で呼ばれてました。

つまり、当時は「老け顔」と認識されてたわけです。

 

しかしようやく分かったよ。

あれは、老け顔じゃない、「完成された顔」だったんだ!!

彼らは、二十歳前後で、すでに、大人としての顔が完成していたのね。

 

今や、老け顔どころか、イケメンと言われてた先輩より、若く見えるくらい。

イケメンという言葉は、当時は無かったけど。

 

イケメン先輩とも、久しぶりにお話しできました。

「ジャスミンも変わらねえなぁ。」と言ってくれたけど、

それが優しいお世辞であることは、よく承知しております。

 

「ありがとうございます。だけど、私もしっかり50代の顔ですよ。」と答えたら、

「いいじゃねぇか。それはそれで、いい感じだぞ。」と言ってくれた。

 

先輩、相変わらず、優しいなぁ♡。

心がイケメンだから、みんなに慕われてたことを思い出した。

toast

 

先輩の言う通り、みんな「いい感じ」だね。

若い時に顔が完成して、まったく変わってない人も、

歴史が感じられる顔の人も、みんな「いい顔」になってました。

 

30年余年の間には、それぞれ、いろんなことがあったでしょう。

楽しいことも、苦しいことも、ぜんぶ乗り越えて、今の顔がある。

(30年前に、顔が完成してた人もいるけど)

 

そんな、みんなの顔が見られて、嬉しかったな。

やっぱり、リアルで人に会うって、良いですね・・・。

▷ うん、「人生には、飲食店がいる。」よね。サントリーの新しい広告にウルっ

 

ーーーー

同窓会に来られなかった友達に「元・老け顔」たちの写真をLINEで送ったら、

「嘘でしょ?これ本当に、昨日の写真?あの頃の写真じゃなくて?」

っていう返事が来ました。

だから、私の話は、大げさじゃありません。

 

● 友達関連、お気に入りの記事 ●

yamekanri.com

クリック励みになります!お手数をおかけします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村