管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

お金より、肩書きより、もっと欲しかったものを思い出した

早くも夏バテになりました。

昨日は一日、とにかくだるくて、横になってばかり。

だけど・・・本当なら辛いはずの体調不良なのに、私は幸せな気分でした。

「そうだ、私はこのためにセミリタイアしたんだ」って思い出したから。

「お休みでも、お返事お待ちしてます」という世界

セミリタイア前は、複数のアメリカIT企業で働いていました。

前の会社も、その前も、その前の前の会社も、みんなとにかく、よく働く人たちだった。

「欧米人はきっちり休む」思われてる方もいらっしゃると思いますが、

私が関わってきたアメリカ人たちは、日本人に輪をかけて働き者でした。

現地が夜中でもすぐに返事が来るので、「なにこれ自動応答なの?彼らはAIなの?」

と、疑ってたくらいです。

 

そんな業界では、休みの日でもメールに返信するのが当たり前。

不在通知を出していても、「至急」とか「URGENT」というタイトルのメールが来る。

よく、「ジャスミンさん、お休みの日に申し訳ありませんが、お返事お待ちしてます」

って書いてあったから、送信者も「休みでも返事はもらえる」という前提で連絡してきてたのよね。

 

メールをチェックしなかった日は、10年間で0日?

その状況は、リフレッシュのための休暇でも、体調不良の休みでも同じです。

入院中でも、メールや電話の仕事はしてたなぁ。

大晦日でも元旦でも、海外の本社は稼働してるから、メールのやりとりはあったし。

▷ 辛い年末仕事はこれで最後なのにあんまり喜べてない

iPhoneが支給されるようになって約10年。

丸一日、仕事のことを考えないでいい日は皆無だったんじゃないかな。

 

だから昨日は、思う存分体調不良にひたれて(?)、満ち足りた気分だったんです。

「そうだ私は、お金より、肩書きより、具合が悪い時に休める環境が欲しかったんだ」

って、思い出した。

 

「つながらない自由」があるか、面接で確認する方法?

外資や、IT業界じゃなくても、「休みでもメールは見る」っていう会社は、多いですよね。

深刻化する時間外メール 「つながらない権利」に注目|NIKKEI STYLE

 

今の世の中、本物の休息を確保したければ、面接で「休みは取りやすいですか?」って質問するだけでは、足りないですね。

「休日には、どのくらいの頻度で応答することが求められますか?」

と聞けば、「この候補者はやる気ない」って思われれずにこっそりチェックできるかも?

 

この質問でも、面接ではネガティブな印象になるかしら・・。

普通の休みを求めて、面接で不利になるなんて悲しいけど。

日本もアメリカも、ヨーロッパのように「休日にメールを見ない権利」が、早く確立されるといいですね。

 

無職のデメリットも、同時に味わった

といわけで。

昨日は「体調不良にちゃんと休息できる」という、無職のメリットを享受した一日でした。

昨日しっかり休んだから、一夜明けた今日は、すっかり回復して元気です。

 

夏バテの原因は、寝不足でした。

冷房を、つけても消しても、眠れない日々が続いていました。

寝室のエアコンが古く、微妙な温度・風量調節が利かないんだよなぁ。

新しいエアコンが欲しいけど、無収入初月に、大きな出費をする勇気がありません。

欲しいものがすぐには買えない、という、無職のデメリットも同時に痛感したのでした。

 

● オススメ関連記事ーはてなブログさまに優秀賞をいただいた記事です ●

yamekanri.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村