管理職辞めたいです日記

管理職を辞めたいけど、転職やお金のことが心配・・。そんな気持ちをブログに綴っていたら、セミリタイアを決意しちゃいました。いまは退職日を指折り数える毎日です

「今さら非・管理職は無理じゃ?」と言われた日

お正月は親戚の家へ行きました(電車で30分ほどの都内です)。

お互い話したいことががたくさん。

そして私の近況報告はもちろん「いまの会社を辞めることにした」です。

 

「かくかくしかじか。良い職場だけど、プレッシャーがすごくて。

仕事を辞めたいというより、管理職を辞めたいんだよね〜

そう話すと、叔父にこう聞かれました。

「管理職のストレスは分かったけど、これから下の立場になったらもっと不満が溜まるんんじゃないの?」

 

「上の人がジャスミンより経験も知識も少なくても平気なの?

『自分だったらこうするのに』と歯痒くても従えるの?」

 

叔父が言いたいのは、

長年管理職として働くうち、君はいつのまにかプライドが高くなってるでしょう?

今さら誰かの下で働けないでしょう?

ということだよね。

 

・・・うん、それは私も毎日心配してるよ、叔父さま。

 

それでも管理職を辞めたいんだ。

不自由に感じたり、プライドが傷ついたりするだろうけど、責任の重さよりマシ、と思っちゃうんだ。

 

元旦に読んだ本に「主役は若い人にどんどん譲っていかんと」って書いてあった。

今後はそういう気持ちで、誰かの役に立ちたいと思ってる

叔父にはそう答えました。

f:id:tajaaan:20220105065205j:plain

 

知人に「管理職辞めたい」と話すときは、人に相談しているようでいて、実際は自分で自分に問いかけていた

今回は、相手が親戚という関係の深い人だったので、率直なフィードバックが返ってきたわ。

 

めでたく転職できて、めでたく非管理職になった後、叔父が正しかったと証明されるかもしれない。

もしくは、私があんがい上手くトランスフォームして、年下の上司をサポートできるかもしれない。

すべてはやってみないと分からない。

 

「もっとストレスが溜まるかも」というリスクを承知の上で、

いまはどうしても管理職を辞めてみたいのです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村