管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

現金をほめてみるー投資弱者と老後のお金

もうすぐセミリタイアしようとしている私。

管理職を辞めた後は、資産を運用しながら定率で取り崩して・・・なーんて計画は全くありません。

なぜなら私は投資弱者だから。

投資弱者がうまれた経緯

投資経験がゼロかというわけでは無いのですよ。

しかし社会に出てすぐバブルが崩壊。

その後も、長引く住専問題、リーマンショックなど、長く生きてる分だけ不況を経験しまして、その結果損ばかり。

そもそも投資の才覚も勉強する情熱もないのですね・・。

それに気づいた時に、わずかばかり持っていた株や投資信託を全て損切りし、マンションの頭金に充てました

40代で確定拠出年金個人年金を始めたけれど大した金額ではありません。

残りはこつこつと現金を貯めてきた結果、資産額の約7割が預貯金=現金です。

 

時代遅れの現金(預貯金)になぜかシンパシー

f:id:tajaaan:20220205094400j:plain

 

知ってます、知ってます。現金って時代遅れなんですよね・・。

インフレに弱いわ利息は付かないわ、だから複利の効果も見込めないわ・・。

おばさんの私ですら、決済手段としては電子マネーとクレジットカードばかりですもん。

だけど・・預貯金=現金は30年働いてきた汗と涙とちょびっとの血の結晶でもある。

現金は社会の血液としてみんなの生活を支えてきた。

そんなに張ってきたのに、古いだの時代遅れだのオワコンだの言われて現金かわいそう!

現金をほめてみる

・・・となぜか現金に感情移入してしまうのは、自分が同じように古く時代遅れな中年だからかな・・。

同じ境遇にあるものとして(?)、今回は現金をほめてみたいと思います。

現金は流動性が高い

まずはこれ、現預金は流動資産の王様です。貸借対照表のいちばん左上です(よね?)

突然お金が必要になった時でも、売買や証券会社の手続きは不要。

換金したいけど現在の相場が〜、なんてこともありません。

定期預金の解約も、昔は銀行の窓口でしかできなかったけど、今はネットで手続きできますもんね。

同年代のみなさま、平成のはじめ頃までは「定期預金を解約する理由」を窓口で聞かれませんでしたか?

「海外旅行に行くので」とか「ほしいものがあるので〜」とか。

なんという人間くささ、昭和くささ(平成ですけど)。

現金は変動リスクが低い

インフレや日本円の価値が相対的に下がることなど、現金にも変動リスクがあるそうです。

でも円の価値の減速スピードは、相場の暴落よりはマイルド・・ですよね?

あ、でも銀行が倒産したら現金だってペイオフの金額以上は急にゼロになるのか・・

うう、現金をかばいきれないのかっ。

現金は手数料と税金が低め

あ、もう一つ思いつきましたよ、現金を下ろすだけなら税金はかかりませんね。

ATM手数料はかかるけど。

証券会社の画面で含み益を見ているときに油断ならないのが「税金」。

評価損益のプラスに表示されてる額がそのまま手に入らないのは悔しいですね。

ああ、でも賢い方はiDeCoとかをうまく活用されて、なるべく税金がかからないよう工夫されてるんでしょうね。

投資弱者はやっぱり「弱者」なのか〜。

投資弱者の老後のお金

以上、知識が無いながらも、現金の良いところを考えてみました。

だけどこれも前回の記事と同じく「50代で老い先短いから言えること」かな

私だって若ければ、ちゃんと投資を勉強して備えなければ、と思うはず。

今の人は、FIREの本やファイナンシャルプランナーYouTubeなど、良質な情報が入手しやすくて有利ですね。

ネット証券など、手軽で手数料も安い金融機関も増えてますし。

若い部下さんたちに「バブル羨ましい」と言われますが、情報に関してはバブル時より現在の方がよっぽど豊かです。

それからもうひとつ免責いただきたいことが。

投資と貯蓄の区別がついてないとか、現金ってそういうもんじゃない、など、

ちゃんと知識のある方には不正確な記述ばかりだったと思います。

中年のメランコリーから、記事内では現金をメタファーとして使っているところがあります。

資産形成における現金の価値を評するものではありませんので、そこもご容赦いただければ幸いです。

以上、不労所得が見込めない、資産が減っていくばかりの投資弱者中年の負け惜しみでございました。

投資弱者は、老後資金を節約で形成だ〜!

 

●お金の負け惜しみシリーズ●

退職金が無いことにもメリットがある・・かも?

独身は孤独だけど身軽・・かも?

私の人生、先が見えてるからこそリスクが少ない・・かも?

 

ファイナンシャルプランナーに相談シリーズ●

中途半端な資産額でもファイナンシャルプランナーがセミリタイアに賛成してくれた!

相性の良いファイナンシャルプランナーをどうやって見つけた?

年金が破綻したら?とファイナンシャルプランナーに聞いたら回答が深かった

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村