管理職辞めたいです日記

管理職を辞めたいけど、転職やお金のことが心配・・。そんな気持ちをブログに綴っていたら、セミリタイアを決意しちゃいました。いまは退職日を指折り数える毎日です

女子トークという適応力|中間色のマスクで盛り上がった日

2年前にタイムスリップして「2022年の女子はお化粧や肌じゃなくてマスクを褒め合う」と伝えても、過去の私はきっと信じないだろうな。

 

先日、他の部署へ顔を出したら、ある人が「ジャスミンさん、あけましておめでとうございますー」と話しかけてくれた。

若い彼女はとてもほめ上手。

相手の良いところを見つけて話題にするのがうまいです。

 

この日も「そのマスク、微妙な色合いで素敵ですね」とさっそく褒めてくれました。

ほめ上手ちゃん:そんな色のマスク、どこで見つけたんですか?ジャスミンさんは人と違うもの見つけるの上手ですね!

私:あなたのそのマスクも華やかでいいね。

ほ:いえいえ、ちょっと派手すぎました〜。恥ずかしい〜。それに比べてジャスミンさんはお買い物上手〜!

・・・以下続く。

 

マスクで女子トークする日が来ようとは・・

(50代の私が女子でないのは重々承知しておりますが、お相手が20代後半なので「女子トーク」と称すること、ご容赦ください)

パンデミック以前は服や化粧やお肌でやってたこのトークを、今や感染予防アイテムでやってる。

2年前まで、相手がマスクをしてたら「風邪?大丈夫?」とか「花粉症?」と反応してたのに、今や「そのマスク可愛い〜」ですもの。

 

要するに、女子トークの対象は何だっていいんです。

今回のように、世代や仕事が違う相手との壁を乗り越えてコミュニケーションする手段なんですから。

しかも本人たちは、まったくナチュラルに「お化粧や服=>マスク」と対象を移行させてる。

なんたる適応力。

 

「女子トーク、強い」そう思ったのは、これが初めてではありません。

いまから20年前、初めてグローバル会議に出席した時にも、女子トークに助けられたことがある。

f:id:tajaaan:20220108152229j:plain

 

ミーティング会場で所在なくコーヒーを飲んでいた私に話しかけてくれたアメリカ女子。

(当時は私もまだかろうじて女子)

アメリカ女子:素敵な指輪ね

私:・・サンキュー・・(会議慣れしておらずモジモジ)

ア:特別な彼からの贈り物じゃないの?

私:ノーノーノーノー、自分で買ったチープなやつよ

ア:え!そうなの?お買い物上手ね!

 

・・・という会話をきっかけに、どうにか初の海外会議に溶け込むことができた。

気が大きくなって「ガールズトークができれば世界のどこでも生きていけるのでは?」とすら思いましたもん。

 

それは大げさかもだけど、コミュニケーションが減ったコロナ禍でも、初めての国際会議でも、女子トークが助けてくれたのは間違いない。

ガールズトークは適応能力の一つだな、と思った日でした。

 

追伸:

ほめ上手ちゃんが褒めてくれたマスクは、普通に楽天で買ったやつだけど、確かに中間色は多いです。

あと、メール便でポストに届けてもらえるのもありがたい。

 


【 送料無料】【 日本カケン認証 JIS規格 】マスク 60枚 血色マスク 不織布 立体マスク 3D SN94 PM2.5 4層 カラーマスク マスク ダイアモンドマスク 使い捨て 小顔 口紅がつきにくい メガネ曇らない 通気性 冬新色 大人 子ども SHINPUR

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村