管理職辞めたいです日記

管理職を辞めたいけど、転職やお金のことが心配・・。そんな気持ちをブログに綴っていたら、セミリタイアを決意しちゃいました。いまは退職日を指折り数える毎日です

年齢のことで落ち込んだけど、最後には開き直れた日

前回の続きです。

こんな日に転職エージェントから連絡があるなんて、これは管理職を辞める流れか!?

と一瞬運命を感じましたが、よく考えたらこういうメールは週に一度は届いてたんだった。

感情に振り回されると判断を誤るので、頭を冷やさなきゃ。

 

転職のスカウトメール、いつもはスルーしてるくせに、今回ばかりは返信です。

  • 管理職から降りたいと考えてること
  • キャリアダウンしたいだなんて、採用側にやる気ないと思われそうで心配なこと
  • なにより年齢がどれくらい不利なのか気がかりなこと

を正直に書きました。

 

すると翌日、

「Work/Life Balanceの観点から、キャリアや収入アップより『もっとリラックスできる役割』を選ぶ人、最近は多いですよ。よかったらオンラインでお話しましょう」

との返事が。

 

『リラックスできる役割』か〜、物は言いようだな〜。

管理職を辞めたい理由を聞かれた時に使おう。

まだ転職するって決めたわけじゃないけど、話を聞かせてもらおう。

さらにお返事お返事。

 

「なるほど、私は50代前半という年齢ですが、勇気をもらえる情報ありがとうございます。ぜひお話ししたいです。」

とリプライしたところ・・・

・・・年齢を書いたら、それきり返信が来なくなりました

 

やっぱりかー。年齢を具体的に書いたからかー。

ってか私の生年月日は登録されてるんだから、年齢を知ってて連絡くれたんじゃないの〜?

とがっかりしたけど仕方ない。

自分だって都合の良い時にしか返信せず、数年間スルーしてたしね。

向こうもお商売、売りにくい商品(私です)は後回しだよなぁ。

 

全部がそうかは分かりませんが、自分が登録してるような外資系の転職紹介会社は成功報酬。

転職した人の年収の何割かが、その紹介会社に支払われるフィーになります。

(支払うのは採用した企業)

つまり、管理職辞めたい=私の収入が下がる=ヘッドハンターのフィーも下がる

です。

 

返信が途絶えて数日が経ち、これは放置されたんだな、と判断。

落ち込んだ時よくやるように、湯船にアゴまで浸かって、目を閉じて、心を無にした。

 

うん、早めに現実が分かってよかった

この年齢で非管理職に転職しようとするのは難しいんだね。

それでも今の会社は辞めたい。管理職も辞めたい。

ならばもっと柔軟に考えてみよう。

  • 正社員以外の働き方はどうだろう?最近は派遣やフリーランスも多様だと聞くし
  • あと2年くらいめちゃくちゃ節約して貯金を増やしたら、早期引退できたりして?

 

なんか元気が出てきた・・・(ただの温浴効果ですね)

管理職じゃなくなったって、別に人生終わったわけじゃない。

50代だって可能性はいっぱいだ!

ふふふと笑ってザッパーンと湯船から上がりました(そんな50代は不気味ですね)

いろんな人に話を聞いて情報収集しよう。

そうだそうしよう。

 

続きます。