管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

お墓にまで値上げの波が!ーそして、私の埋葬は誰が?

お彼岸なので、両親のお墓参りに行ってきました。

菩提寺には、本家、祖父母(分家)、そしてうちの両親(分家の分家)と、3軒のお墓があります。

 

まずはご住職と奥様にご挨拶。

若くしてお寺を継がれたご住職も、もうだいぶご高齢です。

ずいぶん前に亡くなったうちの父のことは、もう忘れてしまわれたみたいで、

本家の誰かと、ごっちゃになってるようでした(笑)。

● 父は生まれつき重い病気で、早逝しています ●

20代で余命宣告された後に逆転!病気のお陰で好きを仕事にできた父

 

そして、ひとしきり会話をした後は、年会費をお支払いするタイミングです。

さて、って感じで、バッグを探る動作をしたところで、ご住職の口から、

「あのね、今回から◯万◯千円ね。」と、突然の30%値上げが宣告されました!

 

red_flowers

 

・・・・。

と固まっていたのは、0.1秒ほど。

すぐに我に返って、お支払いしました。

 

それ以上の説明は、いっさい無かったけど、

一族のお墓がある菩提寺で、

「値上げの根拠は?どういった計算でその金額に?」なんて、聞けないわ・・・。

 

おそらく、光熱費とかいろいろと、かさむんでしょう、とお察しするのみ。

次のご家族は、私より高い金額を言われてました。

(靴を履いてたら、聞こえてきた。)

じゃあ、うちより立派なお墓を持つ本家も、もっと値上げかもね。

 

ああ、値上げの波が、ついに、お墓にまで・・・。

お寺は、この年会費で、供養とお墓の管理をしてくれてます。

母方のお墓は、都営霊園だから、自分で雑草を抜いたり、苔を剥がしたりしなくちゃいけないけど、

父方のお寺は、そういうお掃除が不要で、とても助かります。

 

それにさ、私だって、最期は両親と一緒に、このお墓に入るんだもんね。

(未婚で、この後も結婚できそうにないから)

だったら、余計なことを考えず、ありがたく年会費をお支払いした方がいいよね。

 

・・・そう思ってはみたものの。

普段、考えないようにしてることが、頭をよぎる。

私、本当にこのお墓に入れるのかな?

いったい誰が私を、このお墓に葬ってくれるんだろう?

 

私には、自分の子供どころか、姪や甥もいません。

祖父母のお墓に眠る、父の兄一家とは、仲違いしたから、父方との親戚づきあいも無し。

▷ 東京「キモ」散歩ー親に止められた冒険を、40年後にリベンジ!

 

私のお葬式やお墓のことを頼める親族が、父方にはゼロなんです。

母方には、かろうじて叔父と叔母がいるけど、お墓は父方だからなぁ。

▷ 「今さら非・管理職は無理じゃ?」と言われた日

 

なんでも一人でやってきたけど、自身の埋葬だけは、自分でできないわ・・・。

 

最近は、「墓じまい」という言葉をよく目にしますね。

あれって、自分が亡くなったタイミングで、自分も含めて、今のお墓に永代供養にできるのかな?

そういうことこそ、ご住職に相談したいんだけど、ご高齢すぎて、難しい。

 

少子化の時代、結婚されてても、この問題に悩んでる方は多そうです。

ひょっとして、「後継のいない方へ、火葬から墓じまいまで、トータルでサポート!」

なんてサービスが、すでにあるのかしら?

 

人は、一人では生きられないばかりでなく、一人で死ねないんですね。

まぁ、まだ50代だしね。そのうち調べてみます。

 

ご住職のところをおいとまし、墓地にお参りに向いました。

ずっと心に引っかかってる誰が自分を埋葬するのか問題」に加えて、値上げまで・・。

 

今回のお彼岸は、いつもよりフクザツな気持ちで、両親とご先祖に手を合わせた。

いつも同じお店で、同じ値段で買ったのに、以前よりボリュームダウンした仏花が、

風に揺れていました。

 

● 関連記事ーお墓の前に、現在の住まいも値上げです ●

yamekanri.com

 

クリック励みになります!お手数をおかけします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村