管理職も会社も辞めました日記

管理職を辞めたいけど、お金や今後の人生が心配・・。そんな気持ちを綴るうち、結局セミリタイアしちゃいました。いまは脱・仕事中毒のリハビリ中です。旧タイトルは「管理職やめたいです日記」

【楽天家さんも注意】「無理」と「頑張り」の境界線はムズカシイ

セミリタイア目前で倒れ、救急車騒ぎを起こしました。

駅で倒れて救急車ーこれは病気?それとも更年期障害? ●

その話が社内に伝わり、いろんな方が心配してくださいます。

 

特に、何かと気にかけてくれる役員は、

「ジャスミンはリタイアするのに、働かせ過ぎでは?」と、私の上司にかけ合ってくれたらしい。

メイクを変えたら「いつもより幸せそう」と言ってくれた役員です ●

有給を捨てると決めたのは自分で、上司はむしろ有給消化を勧めてくれてるのに。

上司には申し訳ないことでした。

 

同僚や部下さんたちは、

「退職まであと少し、頑張ってください。でも無理はしないでくださいね」

と、優しい言葉をかけてくれます。

「ありがとう!無理しない程度に頑張るよ!」と答えますが、

無理と頑張りの境界線って、見極めが難しい

 

 

自分を成長させる「良い無理」

人生には、無理な頑張りが必要な時が、確かにあると思います。

受験や資格試験の前、新しい仕事を覚えたい時、などなど、

成長の時期には自分をストレッチしてでも、頑張らなきゃいけない

こういうのは、いわば「良い無理」ですね。

 

自分を成長させる無理(頑張り)は、その時大変でも、後から振り返ると楽しい思い出だったりします。

昔、睡眠時間を削って取り組んだプロジェクトがあって、みんな倒れる寸前だった。

だけど、当時のメンバーで集まると、必ずこの話で盛り上がります。

 

「悪い無理」を「良い無理」だと思い込んでしまう

しかし・・・

社会人の無理の多くが、自己成長を伴わない「悪い無理」な気がする。

なにより私自身が、

「私が休んだら、仕事が回らないから」

「私は管理職だから、みんなより働かなきゃ」

って抱え込んでたこと、数知れず・・。

本当は、誰かに任せたら、その人の成長につながったのに、と今は反省してます。

 

難しいのは「私がやらなきゃ」と無理してる時には、「これが自分の成長ため」って思い込んでるところですよね。

「悪い無理」を「良い無理(頑張り)」って、境界線があいまいだからなぁ。

 

無理しすぎを教えてくれるのは、やっぱり心と体の不調

このように、「悪い無理」と「良い無理(頑張り)」の見極めは難しいけど、

やっぱり、心と体の不調サインを軽視しないことが大切かな、って思います。

ありきたりですけど。

私も、このブログを書き始めた頃は、こんな症状を抱えていました。

  • 仕事が不安でよく眠れない
  • 週明けの仕事が不安で、休日も楽しめない
  • 脈が飛ぶ、動悸

このうち不整脈は、「退職を決めたら治った」と思っていたけど、今回ひどく再発しちゃった。

● 退職決めてから1ヶ月の記事

あの不整脈の原因は、更年期障害じゃなくて、仕事のストレス?

 

私が無理してた理由は、責任感というより恐怖心だった気がする。

「正社員でいなければ/管理職から降りれば/収入が下がれば、何か悪いことが起きる」、と思い込んでました。

 

「自分は体が丈夫」「私はゆるキャラ」それホント?

私のような、「働かなきゃ」という刷り込みのせいで無理してる人だけじゃない。

楽天家さんにもご注意いただきたいなー、と思ってしまいます。

「私は体が丈夫だから」とか、「私はゆるキャラだから無理してない」と、

不調を見て見ぬふりをしてることはありませんか?

 

どんなに周りが「休め」と言っても、「大丈夫。私、元気だから」と笑顔で流してしまう、頑張り屋さんです。

この記事に書いた、動悸が本当の心臓病だった友達がまさにこのタイプ

すごく意地悪な上司の元で、長年耐えてます。

こちらが心配しても、いつも返事は前向きなのですが、顔色はあんまり良くない・・。

友達として、とても心配です。

 

自分を休ませてあげられるのは自分だけ。

家族や友達がどんなに心配しても、成人の行動を強制することはできないもの

(それやったら犯罪だし)。

何か不調のサインがあったら、ぜひ軽視しないでいただきたいな、と思います。

 

「悪い無理」「良い無理(頑張り)」の境界線は「休みたい」という気持ち

・・・ということを最近考えていたのですが、どこかから「お前もな」という声が聞こえてきました。

 

自分自身、今は心臓検査の結果待ちで、おそらくただの更年期障害だとは思う。

だけど、救急車を呼ばれるほどの症状は、やっぱり体の悲鳴ですよね。

上司、同僚たちも気遣ってくれてることですし、このサインを軽視せず、今日はお休みをもらいました。

 

心のどこかで、「病気なら休んでいい」イコール「病気じゃなければ休んじゃいけない」と思ってた。

病気じゃなくたって、休んでもいいんだよなぁ。

「ああ、仕事休みたい」と思ったら、それが「悪い無理」と「良い無理(頑張り)」の境界線なのかもしれません。

 

● 脱社畜、練習中です ●

yamekanri.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村